新築の収納で失敗しないコツ

スポンサーリンク

限られた敷地内に家を建てるので、間取りは大事です。

で、主婦目線で言うと、収納力はもっと大事。

 

せっかくこだわってオシャレな家になっても、物が溢れていては台無しですよね?

優先するべきは動線よりも収納力。

・・・いや、そうは言い切れないけどとにかく大事(笑)

 

スポンサーリンク

今ある物の量を把握する

まずは、今住んでいる家にある物の量を把握しましょう

収納は足りないとダメですが多すぎてもムダです。

だから収納すべき物の量を把握します。

 

私は全部書き出しました。

とにかく目に付く物を片っ端から。部屋別に。

 

これをすると、いらない物があるな~っていうのも分かるので今の家も片付きますよね。

あ、いらない物を発見したら処分してくださいね!

 

新しい間取りで収納する場所を考える

今あるモノを書き出したら、新しい間取りの中でどこに収納するかを考えましょう。

ここで大事なことは、使う場所の近くに収納場所を作ることです。

 

けっこう困りがちなのは掃除機

私はリビングに置きたい派です。あと洗面所。

 

すぐ取れるところじゃないと、めんどくさがりにはキツイ。

洗面所は、髪の毛やなんかがいろいろ気になる場所です。

 

 

スティック型なら高さも必要だし、

新築で置きたい人が多い『ルンバ』的なヤツはコンセントも必要ですよ!

 

収納場所に必要な広さは、モノの長さで考えてみよう!

どのくらいの広さが必要なのかわからない時は、長さで考えるのも1つの手です。

 

例えば靴なら、奥行きは30㎝あれば置けます。

大人の靴をそろえて置くと、一足分で幅が23~25㎝なので・・・と考えるわけです。

買ったときの靴箱のサイズで考えてもいいですね。

 

洋服の場合も同じで、ハンガーに掛けると一着で幅が4~5㎝なので・・・

必要なクローゼットの最低限の幅が分かってきます。

 

人によって持っている量は違うので、自分で考えないと絶対に後悔すると思いますよ。

 

あと、手間を掛けずに収納できるようにすることが、片付けるコツです。

出しておいた方が便利な掃除用品とかは、見えにくい場所に収納場所を作るとか。

 

まとめ

今の家、収納がないのでものすごく嫌なんです。

なので力を入れて考えたいと思っています。

 

収納量や収納場所は各家庭で違うので、

住宅メーカーとかに騙されないように気をつけてくださいね~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました