【小学5年生自由研究】ペットボトルで雲を作る実験やりましたよー

次男の自由研究で

『ペットボトルの中に雲を作る実験』をやりました。

>>この実験です。

100均で買ったやつでは失敗したのですが、ちょっとお金出したら成功しましたよ!

やっぱ100均クオリティなのかな・・。

 

スポンサーリンク

ペットボトルの中に雲を作る実験の内容

実験の準備

  • スプレータイプの消毒液
  • 炭酸用ペットボトル(1.5L)
  • 炭酸キーパー(ストッパー)

 

100均で買った物は、しっかり密閉できてないようでした。

全然白くならなかったです。

 

そこで買い直したのはコレです。548円でした。←なんとしても使い倒そう

 

ペットボトルの中に消毒液を5回ほどふきかける

  • 消毒液にエタノールが入っているものを使う
  • スプレーでふきかける
  • 実は、水を霧吹きでふきかけてもOK

エタノールを使う理由は、水よりも低い圧力もしくは低い温度で気体になるからです。

なので、水でもできるそうですよーお試しください。

 

炭酸キーパーを30~50回おして空気を圧縮する

けっこう早くパンパンになります。

破裂しないようにご注意くださいね!

 

炭酸キーパーのフタを外す

できましたー∑d(d´∀`*)グッ!

暗い色の背景だと、もっとはっきり見えます。

 

研究したことをレポートにまとめる

がんばってまとめます。

写真を使うと簡単に見栄え良くできますよね!

 

うちは男の子なのでアレですが、もっと色を使ってほしいところです。

レポート用紙はここからダウンロードさせていただきました☆

>> business insight

 

ペットボトルの中で雲ができる理由

5年生には難しかったようですが、

ペットボトルで雲ができる理由を一応書いておきます。

 

雲ができるしくみ

  1. 地上や海の水が太陽の熱で温められる
  2. 水が蒸発して水蒸気になり、空気中のちりと一緒に上にあがる
  3. 上空で空気が冷えるとちりに水蒸気がついて、水や氷のつぶができる
  4. この水や氷のつぶの集まりが雲

 

空気を圧縮すると温度があがり、膨張すると温度がさがるという性質があります。

なので、

  1. 炭酸キーパーで温度を上げてエタノールを気体にし、
  2. フタを開けて温度を下げて水や氷のつぶを作った

ということでした。

 

おわりに

準備品がそろえば、あっという間に終りましたよ。

レポート書くのも簡単だしおすすめですー!

 

さて、今年はお友達のおかげで自由研究が早く終りました。

いつもは夏休みの最後に叱り飛ばしながらやってるんですけどねー(笑)

はあ~一安心。

 

・・・他の宿題はさっぱりですけど。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました